スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占星術  その②


ガリレオのスケッチ ディズニーシーにて
興味深い宇宙の観測が、今を生きるヒントになります
その②からの続きです           
                     
■占星術(せんせいじゅつ) その②■                  
                 
                                                
ガリレオも興味深く天体の動きを観察していたので、占星術師といえるでしょう
占星術とは、知識に基づいた予測であって、決して予言ではないということが重要です
星の周期を知り、将来のその星の位置が予測できることから始まります
生まれた時の星の位置は、周期で戻ってきます
12の星座で示され、世界共通の知識にもなっているのは十二宮です
私は、おとめ座が昼の12時に南中する時期に生まれました
9月ごろの星座です
当然、9月におとめ座は太陽の方向にあるので、夜には見ることができません
生まれた時の星座は、昼の天空にあるのです
科学者のアインシュタインが、光は重力で曲げられると予測し、
皆既日食のときに、曲げられた光を観測したお話は有名です
予測と予言は異なります
マヤは、正確な宇宙時計を創り(ピラミッド)その歴によって現象を判断しました
完全な春分・秋分の日を知っていたのです
そして、どこかへ去って行きました
後から住みついた民族は、マヤとは関係ないこともわかっています
マヤは決して予言をしていませんでした
占星術では、惑星の動きを知ることが大切な知識とされています
ホルストの名曲『惑星』は占星術がモチーフになっています
楽曲完成後に冥王星が発見されたため、この星の楽曲が加わることになっていました
ホルストも有名な占星術師でした
『事実』は『物理』であると言うことが、『音楽』にもあてはまります
『音』が響く現象とそれを感じる『感覚』が『物理』でしょう
地球から最も身近な『金星』は大気圧が高く、風速100mの嵐の中、硫酸の雨を降らしますが、
温室効果のため400度を超える地表には届かず、蒸発することを繰り返していることが観察されています
スーパーローテーションと言われる太陽系最大の謎も、『事実』であるので『物理』に従っているのでしょう
ヴィーナスと名付けられたこの女神の謎は、魅力を保つためにあるのかもしれません
『音楽』にも魅力にあふれた神様がいるのでしょう
太陽系の惑星を追って、『音楽』を観察していきたいと思っています
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

だっぷ☆

Author:だっぷ☆
初めまして、音楽プロデューサーのだっぷ☆です。
常に新しいことに挑戦しています。

私の音楽の目標は、言葉をつかわないで表現することです。
このブログでは、【言葉】をつかって自然に感じたことを
表現できればと思っています。
テーマは『愛』です。

生活は音楽中心となっています。
この中で、自然に響いたこと、
不自然に響いて迷ったこと、

鍵盤のようにキーボードで綴っていければいいですね(*^▽^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。