スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占星術  その②


ガリレオのスケッチ ディズニーシーにて
興味深い宇宙の観測が、今を生きるヒントになります
その②からの続きです           
                     
■占星術(せんせいじゅつ) その②■                  
                 
                                                
ガリレオも興味深く天体の動きを観察していたので、占星術師といえるでしょう
占星術とは、知識に基づいた予測であって、決して予言ではないということが重要です
星の周期を知り、将来のその星の位置が予測できることから始まります
生まれた時の星の位置は、周期で戻ってきます
12の星座で示され、世界共通の知識にもなっているのは十二宮です
私は、おとめ座が昼の12時に南中する時期に生まれました
9月ごろの星座です
当然、9月におとめ座は太陽の方向にあるので、夜には見ることができません
生まれた時の星座は、昼の天空にあるのです
科学者のアインシュタインが、光は重力で曲げられると予測し、
皆既日食のときに、曲げられた光を観測したお話は有名です
予測と予言は異なります
マヤは、正確な宇宙時計を創り(ピラミッド)その歴によって現象を判断しました
完全な春分・秋分の日を知っていたのです
そして、どこかへ去って行きました
後から住みついた民族は、マヤとは関係ないこともわかっています
マヤは決して予言をしていませんでした
占星術では、惑星の動きを知ることが大切な知識とされています
ホルストの名曲『惑星』は占星術がモチーフになっています
楽曲完成後に冥王星が発見されたため、この星の楽曲が加わることになっていました
ホルストも有名な占星術師でした
『事実』は『物理』であると言うことが、『音楽』にもあてはまります
『音』が響く現象とそれを感じる『感覚』が『物理』でしょう
地球から最も身近な『金星』は大気圧が高く、風速100mの嵐の中、硫酸の雨を降らしますが、
温室効果のため400度を超える地表には届かず、蒸発することを繰り返していることが観察されています
スーパーローテーションと言われる太陽系最大の謎も、『事実』であるので『物理』に従っているのでしょう
ヴィーナスと名付けられたこの女神の謎は、魅力を保つためにあるのかもしれません
『音楽』にも魅力にあふれた神様がいるのでしょう
太陽系の惑星を追って、『音楽』を観察していきたいと思っています
スポンサーサイト

占星術 その①

dap-note fc2
公式HP考案の時に書いた、だっぷ☆ノート




17世紀にケプラーが、『惑星は楕円軌道を描き、太陽の周りを廻っている』と証明し


コペルニクスの他動説(地球は太陽の周りを廻っている)を裏付けました


ケプラーは占星術師として、天体を観測していたと言われています




占星術は、天体の動きを観察することで、人間社会の在り方を経験的に結び付ける方法として


古代バビロニア時代からその起源があると言われています




一番身近な太陽系は、地球を含む8個の惑星と5個の準惑星で構成されていると決められていますが


ピアノの1オクターブの白鍵と黒鍵の数に合っていることも私の興味を引き寄せます



興味深い宇宙の観測が、今を生きるヒントになります

心臓

心臓FC2





人間の心臓の形が、トランプのデザインに使われ、ラブマークに使われています

内臓の形がなぜ、ラブマークになったのでしょうか



私たちは生まれる前からお腹の中でその音を聴いています

ドキドキは、ハートの素敵な鼓動です



人を好きになった時にその鼓動を思い出します

ラブマークは心臓の動きを表しているのでしょう

クジラ その②

クジラ②
難波の地下街でも泳いでいます




私は科学者ではありませんが、音楽家として彼らのことを考えます・・・

どのように進化したのだろう




海中で体が大きくなった生物クジラが

より多くの餌を求め

互いに離れて生活するようになりました


そこでラブソングを覚え、ふたたび会える方法を考えたのでしょう


ラブソングは彼女に響くように、深海を通じて練習を繰り返したのではないでしょうか




存在感があるけど、不思議で魅力がある・・・

そんなアーティストを私も目指しています



海や生物に学ぶことが、ヒントになっています




クジラ①

アブラナ科

アブラナ科



アブラナ科の植物は私の大好きな野菜が多く含まれています


アブラナ科の植物を、『きゃは、危ない子だわ!』で覚えています

キャベツ、ハクサイ、アブラナ、ブロッコリー、

ナズナ、イヌガラシ、小松菜、ダイコン、ワサビ、

それぞれの頭文字をつなげると、覚えやすくなります

『ブ』は、カブもそこに入れておきます



古代文明は、チグリス・ユーフラテス川やガンジス川など、

大きな川の河口にある肥沃な大地で生まれ、

アブラナ科の植物を育て、農業が始まりました

日本には、弥生時代に外来種として入ってきたと言われています


アブラナ科の植物は、日本でも優しく受け入れられ、

長い歴史の中、人間と仲良く暮らしています
プロフィール

だっぷ☆

Author:だっぷ☆
初めまして、音楽プロデューサーのだっぷ☆です。
常に新しいことに挑戦しています。

私の音楽の目標は、言葉をつかわないで表現することです。
このブログでは、【言葉】をつかって自然に感じたことを
表現できればと思っています。
テーマは『愛』です。

生活は音楽中心となっています。
この中で、自然に響いたこと、
不自然に響いて迷ったこと、

鍵盤のようにキーボードで綴っていければいいですね(*^▽^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。